タイトル
<美し森付近の自然観察会>
日   時2003年8月10日 9:30〜11:45
天   候
参加人数23名
コ ー ス美し森駐車場〜川俣林道〜羽衣の池〜美し森駐車場
観 察 野 鳥ヒヨドリ,ウグイス,アマツバメ,ワシタカ類 など
観 察 野 草チダケサシ,ヨツバヒヨドリ,シモツケソウ,サラシナショウマ
ハンゴンソウ,コオニユリ,ツリガネニンジン,クガイソウ など
台風一過の青空が広がり、日曜日ということもあって,美し森駐車場はほぼ満車でした。 しかし遊歩道は雨上がりのため,かなりぬかるんでいました。野鳥の観察では遥かかなたに舞うワシタカ類が わずかに見えましたが,木々の葉が茂り、野鳥の繁殖期が過ぎたために さえずりも少なく,ほとんど観察できませんでした。
 
写真1 写真2
本日の観察会について説明する齋藤代表
写真3 写真4
美し森観光案内所前から羽衣の池を目指して出発。
写真5 写真6
前日の台風による影響で林道は川のように水が流れていました。
写真7 写真8
齋藤代表の解説
林道が工事中で”人と自然にやさしい…”という工事名が付けられていますが, 残念ながら自然にやさしいとは思えません。  コンクリートを使用しないで杉の間伐材で土留めをしている点は評価できますが, 林道の排水を良くしてしまうと森の乾燥化につながり,植生に影響が出ます。 また工事によって,林道脇の草花が多々傷つけられています。 車の通行をしやすくすることは,その分自然が失われていくことになるのです。
工事現場から離れると下に載せてある花々が咲いていました。
写真9 写真10
チダケサシ   ヨツバヒヨドリ
写真11 写真12
シモツケ サラシナショウマ
写真13 写真14
齋藤代表の解説
今この森では水の流れる音が聞こえるだけで鳥の鳴声がほとんど聞こえません。 これは繁殖期の終わった鳥は鳴かなくなるからです。 雛が巣だっているから鳥の個体数は今が一番多くなっています。
写真15 写真16
階段や側溝は木で作られていますが、
側溝が深いので,ここへ落ちた小動物は
上がれなくなります。  もう少し浅ければ
良いのですが…
羽衣の池
    羽衣の池付近には下に載せてある花々が咲いていました。
写真17 写真18
コオニユリ ハンゴンソウ
写真19 写真20
ツリガネニンジン クガイソウ
写真21 写真22
帰路につく。 お疲れ様でした

戻る