タイトル
<入笠山周辺の山野草観察>
ガ イ ド加々見 一郎氏(長野県自然観察インストラクター)
日   時2005年8月2日(火曜日) 9:45〜15:00
天   候
参加人数25名
コ ー スロープウェイ山頂駅−入笠湿原−入笠山−入笠湿原−山頂駅



今回は八ヶ岳自然クラブのフィールド・八ヶ岳山麓から離れて、長野県富士見町にある入笠湿原での観察会です。 観察ガイドは長野県の「 富士見の自然と文化を守る会 」会長の加々見一郎氏です。

ロープウェイの山麓駅前に集まった参加者たちは標高1800mの山頂駅へロープウェイで景観を楽しみながら上りました。 山頂駅から10分ほどで入笠湿原です。多くの山野草が競うように花を咲かせていました。 一箇所でこれほど多くの山野草を見るのは初めてです。また遊歩道も尾瀬の湿原のように管理され、山野草が大切に守られていました。

入笠湿原を後にして入笠山山頂(1,995m)へ向かいました。周辺では、ホトトギスやウグイスがさかんにさえずっていました。 山頂からは360度の景観が楽しめますが、残念ながら南アルプスの山々は雲に隠れて見えませんでした。 山頂直下の岩陰にはイワキンバイ、ウスユキソウ、ハクサンフウロなどの高山植物が花を咲かせていました。



写真1 写真2
参加者が次々とロープウェイ山麓駅の駐車場に集まってきました。 受付は阿部さん夫妻が担当
写真3 写真4
ガイドの紹介をする山路さん 本日のガイドは富士見の自然と文化を守る会・会長の加々見さんです。
写真5 写真6
ロープウェイで標高差700メートルを一気に上がります。 山頂駅から湿原へ向かいます
写真7 写真8
湿原には一部木道が作られ、湿原が荒れないよう管理されています。
写真9 写真10
遊歩道脇に一部葉が赤くなったマタタビがありました。ミヤママタタビです。 珍しいズミ(コナシ)の群生が湿原の近くに見られました。

湿原やその周辺に咲いていた花々
写真11 写真12 写真13
ヨツバヒヨドリ ヤマハハコ コウゾリナ
写真14 写真15 写真16
ノアザミ ノハラアザミ キバナノヤマオダマキ
ノアザミは茎の先に花が一つだけ、ノハラアザミは茎の先が別れ、花が2〜3個咲きます。 花の萼の部分はノアザミは粘々していますがノハラアザミはサラッとしています。  
写真17 写真18 写真19
クルマバナ オミナエシ カラマツソウ
写真20 写真21 写真22
ノハラショウブ シシウド チダケサシ
写真23 写真24 写真25
ミズチドリ クサレダマ コバギボウシ
写真26 写真27 写真28
モウセンゴケ アキノキリンソウ コオニユリ
写真29 写真30 写真31
サワギキョウ ヤナギラン ミゾソバ
写真32 写真33 写真34
ホソバトリカブト エゾカワラナデシコ アカバナ
写真35 写真36 写真37
クガイソウ イチヤクソウ マルバダケブキ

写真38 写真39
湿原から入笠山山頂へ向かいます。 遊歩道そばに幹の直径1メートル弱のブナの大木がありました。 入笠にはこのような大木が数本あるそうです。
写真40 写真41
頂上までは40〜50分程の距離ですが、途中休憩を入れてゆっくり上ります。
写真42 写真43
会員の細かい質問にも加々見さんは懇切丁寧に教えてくれます。 山頂に到着。一息入れる参加者たち

山頂付近に咲いていた花々
写真44 写真45 写真46
イワキンバイ ウスユキソウ ハクサンフウロ
写真47 写真48 写真49
マツムシソウに止まる
ヒョウモンチョウ
マツムシソウに止まる
クジャクチョウ
シナノ(ミヤマ)オトギリ

写真50
入笠山頂上で記念撮影

戻る