タイトル
< 早朝バードウォッチング >
日  時2006年6月22日(木曜日) 6:30〜8:20
天  候
参加人数12名
コ ー ス井富溜池周辺
観察野鳥キビタキ、コゲラ、アカゲラ、クロツグミ、コルリ、エナガ、ヤマガラ、ヒガラ、 シジュウカラ、ホオジロ、ウグイス、
ヒヨドリ、カイツブリ、アオサギ



天気予報は曇だったのですが、来て見たら雨でした。雨にもめげずに集まった12名をガイドするのは当クラブ代表の齋藤さんです。  コースは井富湖唐松通りを南へ下り、途中から木漏れ日通りを北へ向かって井富溜池へ戻るルートです。

今年の早朝バードウォッチングは雨が降っていて気温が低いため、今回はエゾハルゼミの声に 邪魔されることなく、 クロツグミ、コルリ、キビタキ、ウグイスなどの声を 十分聞くことが出来ました。野鳥の鳴き声を覚えるのはなかなか難しく、 特にクロツグミのようにいろいろな鳴き方をする鳥はお手上げです。鳴き声の響き方や音の高低や声の伸ばし方、 などいろいろな特徴を覚えていかないと無理なようです。




写真1 写真2

本日のガイドは齋藤代表です。

雨の中を参加した会員たち
写真3 写真4

井富溜池の岸辺にカイツブリが巣を作っているのですが・・・ 今日は見えません。

井富湖唐松通りを飛沢溜池方向へ向かいます。
写真5 写真6

別荘の人から近くでアカゲラが子育てしてます、と教えられて来て見ました。 すでに巣立ちしたあとのようでした。

写真7 写真8
エナガが飛んでいきました。

クロツグミの声がよく聞こえました。クロツグミはこのような鬱蒼とした森に住み、 地上でミミズなどを捕食しています。

写真9 写真10

観察路周辺には心無い人達の捨てたゴミが散見されます。 これらの清掃活動を行いながら自然観察会を実施しています。

写真11
井富溜池前で記念撮影

戻る