タイトル
< 紅葉ハイキング >
日  時2006年10月28日(土曜日) 8:30〜14:30
天  候
参加人数34名
コ ー ス瑞牆山荘-魔子山-瑞牆山荘-瑞牆山麓-植樹祭会場



紅葉のシーズン! 今回は八ヶ岳山麓を離れて瑞牆山の周辺のハイキングを計画しました。ガイドは当クラブの森林インストラクター・青木興家さんです。

瑞牆山麓をハイクする前に近くの魔子山に登り、間近に迫る瑞牆山の岩壁を見ることにしました。スタート地点からは標高差約200m位の山ですが、 登山道はかなり急で、参加した熟年の方々には少々きつかったようでした。

瑞牆山麓は初めはやゝ急な登りですが、その後は緩やかな道が続き、紅葉した木々を見ながら快適な紅葉狩りを楽しんだ一日でした。




写真1 写真2
今回のハイキングガイドの青木さん ススキの穂が揺れる林道を出発します。
写真3 写真4
八ヶ岳ではよく見かけるヤエガワカンバですが、全国的には希少種です。
写真5 写真6
登り道はかなり急勾配です。 途中で一休み
写真7 写真8
山頂に近づくにつれますます急坂になり、息が切れます。
写真9 写真10
山頂に着きましたが、目前の瑞牆山に雲がかかり、よく見えません。

途中にあった大きな木々
写真11 写真12 写真13 写真14
ゴヨウマツ ゴヨウマツの葉 頂上に聳えるコメツガ モミ

・・・ 魔子山を降りて瑞牆山麓を歩きます。・・・
写真15 写真16
きれいな紅葉に思わず見とれる参加者たち。
写真17 写真18 写真19
緩やかな坂道は紅葉の回廊になっています。

写真20 写真21
もみじを敷き詰めたじゅうたんの上を進みます。
写真22 写真23
お昼です。思い思いの場所で昼食を取りました。
写真24 写真25
午後は緩い下りの道。紅葉を楽しみながら、のんびり歩きます ここは岩山ですからこのような小さな川がいくつもありますが、 八ヶ岳では川がなく、伏流水となって麓で湧き水になります。
写真26 写真27
幹周りが2mを越えるアカマツの大木。 山道の土留めにはこの山麓で伐採されたカラマツが使われています。
写真28 写真29
黄葉したカラマツで山が金色! 植林されたウラジロモミがシカに食べられないように一本一本網で囲んであります。
写真30 写真31
小さな橋を渡るとゴール間近です。 植樹祭会場に着きました。
写真32
瑞牆山をバックに記念撮影

戻る