タイトル
[ 早朝バードウォッチング ]
日  時2007年5月24日(木曜日) 7:00〜9:40
天  候
参加人数28名
コ ー ス北杜市大泉町・井富湖〜飛沢池



大泉町の井富湖周辺の観察路で早朝バードウォッチングを開催しました。 本日のガイドは野鳥に詳しい当クラブのインストラクター桑島献一さんです。

出発前に桑島さんの用意したCDに収められた十数種類の野鳥のさえずりを聞いて、鳴き声の特徴を脳裏に刻んでから出発しました。 観察路では多くの野鳥のさえずりを聞きましたが、姿を見たのはアオジやサンショウクイなど数種類でした。 若葉が茂っている上、子育て中の野鳥は枝にじっとしてなく、なかなか見つけにくいものです。

それでもここ標高1000mの木漏れ日の差す観察路は涼しく、快適な観察日和でした。




p01 p02
早朝の井富湖に集まった参加者 本日のガイド・桑島さん
p03 p04
録音された野鳥のさえずりをあらかじめ聞いて、 さえずりで野鳥の識別が出来るように学習してから出発です。
p05 p06
飛沢池方向に向かって林間コースを歩きます。 アオジがいました。一斉に見上げます。
p07 p08
オオルリはこのような暗いところを好んで巣を作ります。
p09 p10
幹周り2〜3mのモミノキが御神木として祀られ、しめ縄が張られています。 太いアカマツが根こそぎ傾いて倒れ掛かっていました。
p11 p12
サンコウチョウは杉や桧の皮やウメノキゴケを巣材として使うので、 このような桧の林の周辺でサンコウチョウが観察されます。 シジュウカラのつがいがエサを運んでいました。
p13
飛沢池の畔に来ました。
飛沢池のそばでかわいい花々や羽化中のトンボを見つけました。
p14 p15 p16
ホタルカズラ ササバギンラン オオヤマトンボ

p17
飛沢池の畔で記念撮影

戻る