タイトル
<入笠湿原・山野草観察会>
日  時2007年9月5日(水曜日) 9:00〜11:30
天  候曇一時晴
参加人数32名
場  所長野県富士見町 入笠湿原



長野県富士見町にある入笠山(標高1995m)の山頂近くに湿原(標高1700m)が広がっています。今回の観察会はこの入笠湿原での山野草観察会です。 ガイドは当クラブの山野草調査グループの渡辺克洋さんと諏訪邦子さんが担当しました。

前日の天気予報では雨でしたが、いい方向に外れて、朝から時折日が差す天候に恵まれました。集合場所のパノラマリゾートの駐車場には 集合時刻の1時間前から会員が次々集まり始め、観察会への期待の高まりを感じました。入笠湿原での観察会は今回で3回目になり、 馴染みのある湿原ですが、9月に観察会を実施したのは今回が初めて。秋の山野草の花々をゆっくり楽しみました。




写真1 写真2
本日のガイドは山野草に詳しい渡辺克洋さんと諏訪邦子さんです。 集合地点から入笠湿原まで車に分乗して標高差700mを上りました。
写真3 写真4
標高1700mの入笠湿原に入ります。
写真5 写真6
渡辺さんは先頭グループを担当します。 よく整備され歩きやすくなっている木道を快調に進んで行きます。
写真7 写真8
諏訪さんは後半のグループを担当します。 難しい山野草があると同定するまで動きません。研究心旺盛なグループです。
写真9 写真10
ただひたすらカメラで撮影し続けているメンバーもいます。 時折青空も見え、標高1700mの湿原は涼しく快適です。

観察された主な山野草の花々
写真11 写真12 写真13 写真14
ヤマハハコ ゴマナ ノハラアザミ アカバナ
写真15 写真16 写真17 写真18
サワギキョウ ウメバチソウ アケボノソウ ホソバトリカブト
写真19 写真20 写真21 写真22
ハナイカリ ハンゴンソウ クサレダマ アキノキリンソウ
写真23 写真24 写真25 写真26
エゾリンドウ オヤマリンドウ ツリガネニンジン マツムシソウ

 
写真27 写真28
入笠湿原周辺は森あり、湿原あり、乾燥した野原もあり、いろいろな植生が見られます。
写真29
観察会の終了間際に急に雨が降ってきました。あわてて集合写真をパチリ

戻る