タイトル
< スノーシュー・ハイキング >
日  時2008年3月5日(水曜日) 9:00〜11:40
天  候
参加人数19名
コ ー スサンメドウズスキー場・真教寺尾根コース



今年は八ヶ岳山麓ではよく雪が降り、積雪も多くウィンタースポーツには絶好のシーズンとなりました。 当クラブでは先月のテンの観察会に続いて八ヶ岳南麓にあるサンメドウズスキー場周辺でスノーシューハイキングを企画しました。 ガイドは当クラブのスノーシューハイクのインストラクター市川富美子さんです。

昨シーズンのコースとは異なり、今回は赤岳から伸びるサンメドウズ真教寺尾根コースです。 このコースはこの周辺のスノーシュー・ハイキングのメインコースから外れているため、踏み跡もなく、 数日前の降雪もあって新雪のスノーシューハイクとなりました。

参加者の中には初めてスノーシューを履く方々もいましたが、市川さんの丁寧なガイドで天候にも恵まれた2時間あまりのハイキングを楽しみました。




p01 p02

本日のガイドは市川富美子さんです。

スキーリフトへ向かいます。

p03

リフトに乗る前に八ヶ岳の主峰赤岳をバックに記念撮影

p04 p04a

リフトに乗って一気に標高1900mまで上がります。

p05 p06

初めてスノーシューを履く参加者には、市川さんが懇切丁寧に指導

見晴らしのよい賽の河原まで少し上ります。

p07

見晴らしの良い賽の河原で南アルプスをバックにまたもや記念撮影

p08 p09

八ヶ岳赤岳や南アルプスの山々がくっきり見え、昨日までの黄砂も収まったようです。

p10 p11

ストレッチで体をほぐして出発です。ここからは上りはなく標高差300mを下ります。

p12 p13

スノーシューを履けば雪面のどこでも自由に歩けます。

何か動物の痕跡があったようです。

雪の上にはいろいろな動物の痕跡がありました。
p14 p15 p16
ウサギの糞 ウサギの足跡 シカの足跡
p17
p18
p19

1時間ほど歩いたところで休憩を取りました。

急な傾斜地ではこのように滑り降りると楽しい
新雪の斜面で転倒した時の起き上がり方
p20 p21 p22
下り斜面で転んだら、慌てないこと。深呼吸して落ち着く。 仰向きではなく腹這いになり、頭を斜面の上方に向くように向きを変える。 両手で周りの雪を掻き集めてお腹の下で固める。 (雪を固めることは大事)固めた雪の上に手をついて起きるか、 ストックを両手で押さえて起き上がる。

p23 p24
緩やかな傾斜の林の中は歩きやすい 急傾斜の新雪斜面はスノーシューでもある程度もぐります。
p25 p26
ゴールまでもう少しです。 出発地点まで戻ってきました。


戻る