タイトル
< 春の里山ハイキング >
日  時2008年4月18日(金曜日) 9:00〜13:10
天  候
参加人数17名
コ ー ス長野県富士見町・井戸尻遺跡周辺



天気予報は雨でした。明け方まで雨が降っていましたが、集合時間の頃は雨が上がり、何とか実施できそうな空模様になりました。 井戸尻遺跡は小淵沢町に隣接する長野県富士見町にあり、八ヶ岳南麓に位置しています。 周辺の地理に詳しい市川富美子さんが今回のガイドを務めます。

井戸尻遺跡を出発してJRの線路跡を歩き、高森のシダレザクラを訪ね、小泉、大泉の水源を通って井戸尻遺跡までを3時間ほど掛けて散策しました。 森の木々は芽吹き始めた木もあり、遅い春がようやく近づいてきたようでした。




写真1 写真2

今回のガイドの市川富美子さん

出発前に井戸尻考古館傍で準備運動

写真3 写真4

満開の桜やミツバツツジが美しい

写真5 写真6 写真7

JRの線路跡を歩きます。古いトンネルですがしっかりしています。 トンネルを出ると古い電車が2両置いてあり、2両分だけ線路が敷設されていました。

写真8 写真9

信濃境駅へ来ました。

案内板の前で歩いてきた道を確かめます。

写真10 写真11

高森観音堂前の枝垂桜は樹齢250年といわれています。幹周り3.8mの老木です。 桜はまだ三分咲き位でした。桜の後に見える観音堂は珍しい萱葺きです。

写真12 写真13 写真14

湧き水「大泉」に向かいました。流れを遡っていくと水源地です。 大泉という名前の割には湧水量は少ないように見えました。傍にはわさびが数多く見られました。

写真15 写真16

大泉水源の樹林帯には大木が多く、この木は幹周り4m以上ありそうでした。

大泉を後に、小泉へ向かいます。

写真17 写真18

小泉の湧水量は写真に見るとおり、大泉より大量に湧き出していました。

写真19

まもなく出発点の井戸尻遺跡です。

写真20

縄文時代の竪穴式住居の復元家屋の前で記念撮影



戻る