タイトル
[  八ヶ岳自然講座 野鳥観察会 ]
日   時2009年12月19日(土曜日) 8:30〜11:00
天   候
参加人数10名
場   所清里湖 大門ダム周辺



八ヶ岳自然講座の最終回を清里湖で行いました。テーマは野鳥観察です。今回のガイド
は日本野鳥の会バードウォッチング案内人の竹内さんです。道の駅南きよさとに集合し
て乗り合いで大門ダムに向かいました。出発の時に、野鳥観察のマナーや野鳥の見つ
け方などの解説がありました。ダムサイトから道沿いに進みます。清里湖の斜面林は薮
が茂り、冬鳥たちには絶好の生息環境です。しかし、この朝は清里で−10度の寒さの影
響なのか鳥たちがなかなか出てきません。オシドリたちも岩壁でじっとしていました。今冬
よく見られているベニマシコを含め、17種類の野鳥と出会えました。


写真1 写真2
今回のガイドは日本野鳥の会バードウォッチング案内人の竹内さんです。
観察マナーのお話がありました。
大門ダムのダムサイトから出発。森林インストラクター会の補助で購入した望遠鏡を使わせていただきました。
写真3 写真4
途中には「弘法水」があります。弘法大師が杖を突くと、清水が湧き出たという伝説があります。 2月には全面結氷する清里湖です。斜面林には野鳥がエサとする草の実がある薮が広がっています。
写真5
望遠鏡を前に記念撮影
写真6 写真7 写真8
ジョウビタキ カヤクグリ ホオジロ



戻る