タイトル
知られざる山 笠無のハイキング
日   時2011年5月20日(金曜日)
天   候快晴
参加人数40名
コ ー ス海岸寺上の峠〜海岸寺山〜笠無



 峠から登山標識がない急坂を登り、踏み跡程度の道をたどり30分弱で標高1124.4mの
海岸寺山に到着。 ミツバツツジとヤマツツジが新緑を彩っている。 1220m付近からは
道はしっかりしていて、恩賜林の石標沿いに登る。1350mのピークで急坂が終わったが、
さらに頂上手前に急坂が待っていて170〜180mの直登でひと汗流した。
頂上は三等三角点と笠無の標識があった。最高地点にたどりついても喬木林に囲まれて
いて視界はきかない。しかし、春まで残った落葉を踏みわけて行く山道に薫風がとおって
心地よい。頂上の先で木上に熊棚を見つけて、驚くとともに熊の生息域内に居ることを
実感。唯一展望が利く見晴らし岩峰は5人ほどしか立てないため、交替で展望を楽しんだ。
帰りは同じ道を引き返したが、尾根の分岐点は道を間違いやすいため、下見時に付けた
赤テープをたよりに下降。2万5千地形図に未記載で、山名に山が付かず、しかも登山
標識は頂上だけという不思議な笠無を40名全員無事に登ってきました。


写真1 写真2
案内役はハイキンググループリーダーの大石彰さんです。 1班出発
写真3 写真4
小休止でお勉強 熊棚
写真5
笠無40名登頂
写真6 写真7 写真8
展望台から八ヶ岳を望む 恩賜林石標と拾いもの ツクバキンモンソウ



戻る