タイトル
[櫛形山の夏のお花をたずねて]
日   時2011年8月27日(土)
天   候
参加人数27名
コ ー ス見晴らし平〜登山道分岐〜アヤメ平〜裸山〜
アヤメ平〜見晴らし平



今回の観察会は「やまなし山の日」のイベントとして、山梨県の助成のもとに行われた。
八ヶ岳自然クラブとしては、初のバスハイクである。朝7時、高根図書館に集合。
バスの中では、ガイドの田中智先生から、櫛形山の地形的な特徴、植物についてお話
があった。
 見晴らし平から歩き始め、アヤメ平まで急登が続いた。 ソバナ、オオバショウマ、
シモバシラの花が咲き、八ヶ岳にはないクサタチバナが実を着けていた。シカの食害の
ため、レンゲショウマは葉もなく、かろうじて1花着けているのみ。 毒草のトリカブト、
トゲが痛いアザミも茎を残すだけであった。
サルオガセを纏った木々が見えてきてアヤメ平に到着。数年前までの、マツムシソウ、
タムラソウ、トモエシオガマ、ヤマハハコなど、色とりどりの花々が咲き乱れていた頃の山
を知る人には、信じられないほどの変貌ぶりで、柵の中にのみ在りし日の面影があった。
シカにかじられて無残な姿をしたアヤメの株の中央から、辛うじて新芽が出ていた。
 アヤメ平から裸山までは、樹齢300年以上と言われる天然のカラマツがたくさんあり、
逞しく個性豊かな姿が印象的であった。


写真1 写真2
講師の田中さん 見晴らし平からの急登 この辺りまでは曇り
写真3 写真4
往路に目立ったシモバシラ サルオガセと霧が幻想的
写真5
裸山の下で記念撮影
写真6 写真7 写真8
おいしそうなタマゴダケ マルバダケブキだらけのアヤメ平 花が咲いているのは柵の中のみ



戻る