タイトル
[ みずがき湖 冬鳥観察会 ]
日   時2012年26日(木曜日) 8:30〜11:30
天   候晴時々小雪
参加人数16名
コ ー スみずがき湖 鹿鳴峡大橋周辺



 冷え込みが厳しい日が続き、予定していた清里湖は全面結氷してしまいました。 そこで
みずがき湖に観察地を変更して行われました。ガイドは八ヶ岳の鳥に詳しい山路公紀さん
です。
みずがき湖も凍っている部分が広がり、残っている水面にカモたちが集まっていました。
マガモ、カルガモ、オオバン、ヨシガモたちを観察できました。 山路さんは大きな写真を
提示され、見分け方のポイントや行動などを解説されました。 スコープも多く準備され、
参加者はじっくりと観察できました。
ダムの斜面林では、カヤクグリ、ウグイス、ヤマガラ、シジュウカラ、カワラヒワ、ホオジロ
などの姿や声を観察できました。上空ではチョウゲンボウが旋回したり、藪ではガビチョウ
の鳴いたりしている様子も見られました。
この冬は鳥たちが少ないのですが、今回は多くの鳥たちと出会え、鳥見を楽しめました。



写真1 写真2
今回の案内は八ヶ岳の野鳥にくわしい
山路公紀さんです。
鹿鳴峡大橋の上は絶好の観察ポイントです。
写真3 写真4
スコープも多数準備され、
ヨシガモもじっくりと観察できました。
大きな写真を使って、カモたちの解説を
していただきました。
写真5
みずがき湖をバックに記念撮影
写真6 写真7 写真8
ほぼ凍っているみずがき湖 わずかな水面にカモたちが集結中 カルガモがつくる水紋



戻る