タイトル
[ 入笠山スノーシューハイク ]
日   時2012年2月14日(火曜日) 9:00〜14:00
天   候曇のち小雪
参加人数17名
コ ー ス富士見パノラマスキー場〜入笠湿原〜入笠山



 この時期恒例のスノーシューを入笠山で行いました。前夜の雪で、スノーシューに適した
雪質となっていました。動物たちの足跡も多く見られ、足形や歩いた方向などをじっくりと
観察できました。入笠湿原の植物たちは雪の下。 人影少なく、ひっそりとしていました。
入笠山へは急な表登山道コースと、迂回する裏コースに分かれて登っていきました。 辿り
ついた入笠山山頂は強い西風で雪が飛ばされ、地肌が出ていました。眺望が評判の山頂
ですが、八ヶ岳はガスの中です。記念写真の後、風のない樹林の中で昼食。 小雪も舞い
始めました。
帰路、下りの急な斜面では尻滑りを楽しみました。 雪に寝転び、「天使の雪形」を作る
アーティストも登場。 踏み跡のない美しい雪原では各自思い思いの足跡を印しながら
下ります。 スノーシューの楽しさをたっぷりと味わえた一日になりました。



写真1 写真2
今回の案内は
自然観察指導員の竹内時男さんです。
前夜の雪のおかげで、動物たちの
足跡をじっくりと観察できました。
写真3 写真4
入笠山山頂は西風が強く、
雪も飛ばされていました。
入笠山直下で昼食。小雪も舞ってきました。
写真5
スキー場山頂駅にて八ヶ岳をバックに記念撮影
写真6 写真7 写真8
急な下りでの尻制動 雪に寝転び、天使の形を造形中 踏み跡のない雪原を下る



戻る