タイトル
[ 須玉町の自然と歴史を訪ねて ]
日   時2012年2月28日(火曜日) 9:00〜12:00
天   候晴れ
参加人数30名
コ ー ス須玉町若神子周辺



 寒い日が続いている八ヶ岳です。 今回は標高の低い若神子周辺の自然と歴史を訪ね
歩きました。自然クラブでは初めての街中の観察会となりました。まず、妙円寺のカヤの木
では葉の手触りや実を観察しました。 佐久往還の古い門の屋敷は歴史を感じさせてくれ
ました。 長泉寺では板碑や宝物庫の解説をしていただき、街の歴史も少し分かりました。
小高い若神子城跡は須玉ふれあい公園として整備されています。ここには狼煙(のろし)台
が置かれています。竹内さんから「なぜ狼の文字が入っているのか?」という問題が出され
ました。 ここからは周囲の展望が広がり、狼煙場として都合の良い所だったのでしょう。
それから、諏訪神社の御柱や正覚寺の味噌なめ地蔵、平賀源心の墓などを回りました。
ツバメの巣やイチョウなど街中の自然も見ながら散策しました。 校歌の歌詞、須玉町の
読み方などの問題も出され、街歩きの楽しさを味わえた日となりました。


写真1 写真2
今回の案内は、フットパス案内人の竹内時男さんです。 標高の低い若神子です。陽だまりには春の花が咲き出していました。
写真3 写真4
妙円寺のカヤの木にいる野鳥を見上げています。 長泉寺の入り口にはバランス危うい石仏がありました。
写真5
若神子城跡のふるさと公園で記念撮影
写真6 写真7 写真8
福寿草 蝋梅を観察中 アオツヅラフジの種はアンモナイト



戻る