タイトル
[ 陽だまりハイク 棒道の石仏を訪ねて ]
日   時2012年3月24日(土曜日) 8:30〜12:05
天   候曇り時々晴れ、みぞれまじりの雨も
参加人数24名
コ ー ス大泉町泉温泉センター⇒棒道⇒三分一湧水⇒大泉町富谷⇒泉温泉センター



 明け方に雨は上がり西の空には虹も出た。江戸時代後期の観音信仰を伝える棒道の
石仏を訪ねました。さまざまな理由もあって、順番とおりには並んでいません。最初は6
番の千手観音。県道を渡って2番、1番と続き、砂利道の別荘地になります。林も続いて
いるのでアカゲラのドラミングも聞こえます。次々現れる石仏の写真を撮ったり、彫られ
た文字を判読したりして楽しい時間を過ごしました。レインボーラインを横切り、三分一
湧水まで石仏たちが待っていてくれました。三分一湧水では昭和18年の山津波で流さ
れてきた大岩にもビックリ。この先も小淵沢のゴルフ場まで石仏はありますが、今日は
はここまで。休憩の後、小荒間古戦場跡を経て、林の道を下り富谷の集落に行きます。
山梨の典型的な切り妻屋根が続きます。明治32年の山津波の慰霊碑「嗚呼地水還身」
も見ました。災害が身近にも起こりうることを実感しました。皆さん健脚で予定の時間に
出発点に戻りました。


写真1 写真2
本日の講師はシカグループリーダーの
吉柳俊孝さんです。
山肌に低い虹がかかりました。
写真3 写真4
西国8番十一面観音立像を検証中です。 講師が立膝・頬杖で如意観音を表現しています。
写真5
三分一湧水で記念撮影
写真6
少しお疲れ もう少しで解散場所です



戻る