タイトル
[ 樹木・山野草観察会 ] 材木尾根(権現岳古道)を辿って
(八ヶ岳自然講座第3回 森林環境教育推進事業)
日   時 2012年9月8日(土) 8:30〜14:30
天   候 曇り
参加人数 27名
コ ー ス 天女山駐車場1540m→ 天ノ河原1620m→ 馬頭観音1800m
  → 1900m地点→ 馬頭観音→ 天ノ河原→ 天女山駐車場



 八ヶ岳自然講座第3回は、田中智先生をお迎えして、材木尾根で行われました。
まず初めに、先生からコースの説明。権現岳へは、天ノ河原から直進のコースが一般的で
あるが、西側に中尾根、権現岳古道である材木尾根(題目尾根とも呼ばれる)があることを
教わり今回はこのコースを辿ります。
次にトウヒ属について。八ヶ岳にはトウヒ、ヤツガタケトウヒ、ハリモミ、ヒメバララモミ、イラモミ
の5種があり、「モミ」とつくがモミ属ではなくトウヒ属であること。モミ属は球果がバラバラに
なって落ち、いわゆる松ボックリにはならないことなど、トウヒ属の特徴、分布などを教わり
ました。
 歩き始めてすぐに、ノハラアザミ、コウゾリナ・・・と花が続きます。アザミ属最大のフジアザミ
が見えてきて天ノ河原です。ここから左に折れて、観音平へ続く八ヶ岳横断歩道を歩きます。
道はどんどん下って、甲川の源流近くを通ります。 途中トウヒ属の巨木を見せていただき
ました。トウヒ属がこれだけまとまってはえているところは、八ヶ岳をおいて他にはないそう
ですが、ヤツガタケトウヒで100本程、ヒメバラモミはわずか10本ほどだそうです。
サラサドウダン、トウゴクミツバツツジも大木が続きます。
馬頭観音からは登山道が消えます。樹林帯、ザレ場を何度か繰り返して、1900m地点に
到着。途中オオビランジが華麗な花を咲かせていました。コバノコゴメグサは、小柄な体から
は驚くほどの大きな白い花をつけていました。色鮮やかなママコナ、タカネマツムシソウにも
出会えました。
昼食後、さらに上の地蔵尊、鉄剣(2,106m)を経由、通常ルートを下りてくる健脚組と、元来た
道を引き返す組とに分かれました。天ノ河原には、健脚組の方が先に着いていました。
天気予報よりもよいお天気で、時折薄日も射す中、あまり暑い思いもせずに歩きました。


写真1 写真2 写真3
今日の案内は植物研究家の
田中智先生
大きなアザミのフジアザミ アキノキリンソウ
写真4 写真5

ミヤマモジズリ
写真6
ヤツガタケトウヒ 馬頭観音
写真7
天の河原で記念撮影
写真8
コバノココメグサ
プレートで判りやすく説明
写真9 写真10
華麗なオオビランジ
上のほうが
ヤツタカネアザミ



戻る