タイトル
縞枯山ハイキング
謎を秘めた縞枯れ模様を見に行こう
日   時2012年9月25日(火) 6:30〜14:30
天   候曇りのち晴れ
参加人数30名
コ ー ス小淵沢スパティオ駐車場⇒麦草峠→茶臼山→縞枯山→縞枯山荘前
→山頂駅前→五辻→出会いの辻→大石峠→麦草峠⇒小淵沢駐車場



 参加者名簿では29名、出発してからの点呼は30名、キヤッチフレーズ通り謎を秘めた出発と
なりました(1名サイン漏れが原因でした)。
 茶臼山(2383m)展望所からの絶景に感激しつつ、縞枯山(2403m)を目指しました。 途中
要所々で、案内役の薮田さんからシラビソ・オオシラビソの優先林に限って出現する不思議な
縞枯現象の解説を受け、縞枯山展望台で昼食をとり、本日一番の難所縞枯山の下りを全員
無事クリア。
 当初は下りきった分岐を右折し雨池に向かう予定も、前日の雨の影響で登山道が滑りやすく
危険なため分岐を左折、縞枯山荘を経てピラタスロープウエイ山頂駅に向かう。山頂駅前広場で
休憩後、左折し木道の森林浴コースへ、五辻を経て出会いの辻を左折、大石峠に向かいました。
途中、盛期を過ぎたトリカブトや若干色付き始めた広葉樹を見ながら無事麦草峠に到着。
 歩行時間7時間半、標高差は少ないですが結構歩きごたえのあるコースでした。


写真1 写真2
今日の案内は薮田さん 出発、麦草峠駐車場
今日のコース説明を受け
ラジオ体操をして、さあ出発
写真3
茶臼山展望所で記念撮影
写真4 写真5
縞枯現象の説明
余裕がでてきた薮田さん
縞枯現象の説明
やや緊張気味の薮田さん
写真6
縞枯山頂上で記念撮影
写真7

絵になる縞枯山荘
写真8
アキアカネとトリカブト



戻る