タイトル
[きのこ観察会](八ヶ岳自然講座第4回)
(森林環境教育推進事業)
日   時 2012年10月11日(木)9:00〜11:45
天   候 晴れ
参加人数 22名
場   所 観音平周辺



 八ヶ岳自然講座の第4回は、加々美光男先生をお迎えして行われました。
まず「きのこって?」というところから始まりです。動物でも植物でもないし・・・菌類の一部の
ものをきのこというとのことです。
 歩き始めて直ぐきのこは見つかりました。早速採ろうとする参加者に、「採る前によく見て」
と注意。どこから生えているのか、地面なのか、樹上なのか。採る時も、柄を折らないで
そっと持ち上げます。落ち葉が付いているのか、木の皮がついているのか、菌糸の具合は
と、とにかくよく観察することを教わりました。
場所を移動して、カラマツ林のきのこ、アカマツ林のきのこと、林によっても違うことも教わり
ました。  お天気にも恵まれ、たくさんのきのこに出会えた観察会でした。
 


写真1 写真2
講師の加々美さん、自己紹介 森の入口でキノコについて解説
写真3 写真4
説明を受け、いざキノコ探しへ出発 すぐにキノコ発見、詳細説明を受ける
写真5 写真6
図鑑持参、見比べている方も・・・ 参加者の皆さん、懸命に探しています
写真7
記念撮影
写真8 写真9
ベニテングタケ
絵本に一番多く登場するのはこのキノコ?
でも毒キノコです。シラカバの木を中心にして、
リング状に生えるため、フェアリーリング
(妖精の輪)の名があります。
こんなキノコも見つかりました
触るだけなら問題ありませんが、
猛毒のドクツルタケです



戻る