タイトル
飛沢地区ザゼンソウ観察会
(水辺に春を呼ぶ花ザゼンソウをたずねて)
日   時2013年3月18日(月曜日)9:30〜11:30
天   候曇り
参加人数26名
コ ー ス井富湖駐車場〜飛沢ため池〜井富湖



 怪しげな雲を見ながら、傘を持ち、井富湖駐車場を出発。 時折車が通るため、飛沢
ため池を目指してひたすら下りました。  飛沢ため池からは、井富湖からまつ通りより
1本東寄りの、無舗装の道を上がりました。
 まだ茶枯れて冬の景色のような道ですが、わずかにダンコウバイの蕾がほころびかけて
いました。隣にはアブラチャンの蕾。こちらはまだ固そうです。 枝を少しもらって、皆で
代わる代わる嗅いでもらいましたが、「良い香り! クロモジの匂い」 との感想。 どちらも
クスノキ科のクロモジ属の木です。
 途中コクサギが固まって生えているところを通り、エナガ、カケスの群れも見ました。
別荘地の中の小さな流れに沿って、ザゼンソウが生えていました。今年の生育は良くなく
て、わずかに3株です。緑っぽい2株は、シカに食べられたのでしょうか、仏炎苞が半分
ほどになっていました。道を挟んで反対側の林の中に数株ありますが、これも緑の株です。
 井富湖畔には臙脂色のザゼンソウがたくさんありますが、「危険 立ち入り禁止」の
看板。道路から眺めるしかありませんでした。
 雨にも強風にも遭わずに時間通りに終わることができました。遠く、神奈川県大和市の
ご夫婦の参加もありました。


説明1 説明2
今日の案内は山野草リーダーの佐藤久江さん 認知症予防にもなるという準備体操
説明3 説明4
アカゲラの巣穴もありました 少しさびしいお目当てのザゼンソウ
説明5
ザゼンソウより沢山の収穫となったゴミでした
静かな井富湖で記念撮影
説明6 説明7
林の中のザゼンソウ 井富湖畔の立派なヒメバラモミとハリギリ



戻る