タイトル
入笠山の花・トレッキング
「花コース」、「山コース」の2つのコースを楽しみました
日   時2014年7月29日(火曜日) 9:00〜15:30
天   候晴れ
参加人数「花コース」17名  「山コース」27名  計44名
コ ー ス

    花コース


    山コース
富士見パノラマリゾート駐車場〜マナスル山荘or山彦荘は乗合

山彦荘(入笠湿原)〜ゴンドラ山頂駅(入笠すずらん山野草公園)〜
山彦荘=御所平〜マナスル山荘

入笠山登山口(マナスル山荘前)〜入笠山頂上〜大阿原湿原〜
テイ沢〜小黒川林道〜高座岩〜入笠牧場〜入笠山登山口



 2つのコースで楽しむという試みは、天候にも恵まれ、それぞれ満足のいく観察会となりました。
 「花コース」 
入笠湿原へはシカの食害から守る為の柵の戸を開けて入ります。チダケサシ、ノハナショウブ、ホソバノキリン
ソウなどに混じって、クガイソウ、クサレダマ、マツムシソウが咲き始めていました。湿原の外れにオオルリソウ
とミヤマハタザオがありました。ここからゴンドラ駅までは林の中の道です。林床にはアオスズラン、ジンヨウイ
チヤクソウ、コバノイチヤクソウなどが咲いていました。入笠すずらん山野草公園は、もともと自生していた植物
を再現した公園ですが、たくさんの夏の花が咲き競い、自然のお花畑の雰囲気がありました。
昼食後別ルートで湿原まで戻り、車移動で御所平へ。御所平のお花畑も柵の中です。コオニユリ、ヤナギラン、
ハクサンフウロなどゆっくり眺めて一周。山コースとの合流点のマナスル山荘まで、ウバユリを眺めながら歩き
ました。入笠湿原の標高が1734m、ゴンドラ駅が1780mですから、標高差の少ない、楽々の花いっぱい観
察会となりました。
 「山コース」 
マナスル山荘前から入笠山(1955m)へ向かう。頂上では360度の眺望を期待していたが、残念ながら富士山
・甲斐駒は雲の中でした。首切清水を経て大阿原湿原へ、湿原では3頭の子狸のお出迎えがあったりサギスゲ
をバックに写真を撮ったりして、のんびり木道歩きを楽しみました。湿原の中間あたりでテイ沢を下って行くと、
いくつもの丸木橋が架かった苔むした清流沿いの道となり、まるで別世界に迷い込んだようでした。
いったん小黒川林道に出て「北原新道」と記された小さい標識から、本日一番の急登の先が高座岩です。
そこから伊那の集落や中央アルプスを眺め昼食を楽しんだ後、御所平峠を経て登山口に戻りました。
バリエーション豊かな入笠山周回ルートでした。



写真1 写真2 写真3
花コース コオニユリ 花コース ソバナ  花コース マツムシソウ
写真4 写真5 写真6
山コース 入笠山山頂 山コース 大阿原湿原の子狸 山コース 大阿原湿原サギスゲ
写真7 写真8 写真9
山コース テイ沢の丸木橋 山コース 本日一番の急登 山コース 高座岩の石碑達
写真10
花・山コース合流して集合写真



戻る