タイトル
キ ノ コ 観 察 会
(美し森にキノコをたずねて)
日   時2014年10月17日(金) 9:00〜12:00
天   候
参加人数14名
観察場所美し森



 晴れ渡った青空の下、加々美光男先生をお迎えして、美し森でキノコ観察会が行われました。わずかな
距離ですがチェーン脱着場まで移動。
まず自己紹介。住んでいる町、名前、好きなキノコの順です。好きなキノコは断然トップがマツタケ、
ジゴボウ(地方名、和名はハナイグチ)が多かったです。あとは実にいろいろなキノコの名が挙がり、
どうして好きなのかとか、どんなキノコなのか先生からの説明があったり、料理法もと盛り上がりました。
 キノコって何?という話になり、菌類の子実体の部分ということですが、「木ノ子」というのも木と密接な
関わりを持つことから名前の由来として考えられるということでした。
いよいよスタート。キノコを見つけたら、まずよく見ること。単独で生えているものもありますが、まとまっ
て生えていることが多いからです。どこから生えているのか。樹上なのか土中なのか。土と言っても、カラ
マツの腐葉土か広葉樹なのか。裏に返して、スポンジなのかヒダなのか。柄は堅い?もろい?色、模様、
ヌメる・ヌメらないなど様々な確認情報があります。
モミの林に生えるアカモミタケ、美味しいシモフリシメジなど多くのキノコに出会え、申し分のないお天気
に恵まれたこともあって、気持ちの良い観察会でした。



写真1 写真2 写真3
左が本日の講師:加々美先生 移動先での説明 観察の様子
写真4
見事な紅葉をバックに集合写真
写真5 写真6 写真7
モエギタケ スッポンタケ アカモミタケ



戻る