タイトル
茅ヶ岳登山

(深田久弥ゆかりの山を登り、秋を味わいます)
日   時2014年11月7日(金曜日)7:00〜15:30
天   候晴れ
参加人数15名
コ ー スたかね図書館〜深田記念公園駐車場〜茅ヶ岳 往復



 ハイキンググループ担当の観察会は、9月の「茅ヶ岳」は台風16号接近で中止、10月の「横尾
山」は雨で昨年に続き中止となった。  今回の「リベンジ茅ヶ岳」は一週間前の予報では雨模様、
おまけに大型台風20号接近!!。 何とも気が重かったが、なんと当日は朝から快晴となった。
公園駐車場から深田記念公園に立ち寄った後登山道に入る。今日は立冬、紅葉もいよいよ終盤と
なり、黄金色のカラマツの葉やブナ・コナラの葉も沢山登山道に落ちている。
1時間半ほど歩くと「女岩」の手前にはロープが張られて立ち入り禁止、落石が多く危険の看板が
立っていた。一息入れた後いよいよ急登、落ち葉の下の石ころに足を取られ、あえぎながら登る。
頂上直下の深田久弥さんが急逝された場所に建つ石碑に手を合わせ、最後の登り。 頂上は
ほぼ貸切状態で、360度の眺望と昼食やおしゃべりを楽しむ。
帰路は、岩場の少ない切り開かれた防火線を下り、予定より早く駐車場に戻りました。



写真1 写真2 写真3
本日のコースを説明する
安本リーダー
「百の頂に 百の喜びあり」の碑
深田記念公園
最初は緩やかな道を進む
写真4 写真5 写真6
「女岩」は立ち入り禁止 女岩からは
急登がはじまる
上の方は深い
落ち葉ですっぽり
写真7 写真8 写真9
深田久弥先生終焉の地
と記された碑
頂上はほぼ貸切
向こうは金峰山、瑞牆山
茅が岳より60m高い
お隣の金ヶ岳
写真10
眺望に恵まれた頂上で集合写真
後ろは金ヶ岳と八ヶ岳
写真11 写真12 写真13
鳳凰三山と甲斐駒ヶ岳 帰路も厳しいところがあります
気を抜かずに慎重に下ります
帰路は防火線を下る



戻る