スノーシューハイク
(白銀の雪原を歩いて入笠山山頂へ)
日   時  2015年2月6日(金曜日)9:00〜14:00
天   候  晴れ
参加人数  19名
コ ー ス  富士見パノラマスキー場〜入笠湿原〜入笠山



 昨年の2月は記録的な大雪のため入笠山スノーシューは催行中止となった。
今年も前日が雪となり実施が危ぶまれたが、当日は快晴となりました。
スノーシューが初めての方もおられ、履き方・歩き方の練習や準備体操後いざ出発。
今回は電波塔の脇から一気に入笠湿原へ下る。
マナスル山荘前からの急な登りにも関わらず、全員元気良く頂上に到着。
入笠ブルー(?)に感激し360度の眺望を楽しんだ後、強風の頂上を避け数分下った緩傾斜地で
昼食を楽しみ、大阿原湿原方面へ下る。
すべったり、ころんだり、黄色い声が響いたり・・雪まみれの人が続出の楽しい下りです。
無事林道へ降り立ち、一路ゴンドラ駅へ向かいました。



本日の案内は
ハイキングGリーダの安本さん
ゴンドラ駅終点で
スノーシュー装着
電波塔の脇から
入笠湿原へ
入笠湿原にて
ワカンの人もいます 入笠山山頂到着
富士山から中央アルプスまで良く見えました
中央アルプス
山頂は入笠ブルー
大阿原湿原方面に下り
八ヶ岳の展望台から八ヶ岳を望む
林道には
ウサギなどの足跡が一杯
行きには雲のかかっていた
八ヶ岳帰りにはこの通り



トップページへ | 定例観察会レポートへ戻る