スノーシューIN サンメドウズ

日   時  2015年3月4日(水曜日)9:00〜11:40
天   候  晴れ
参加人数  19名
コ ー ス  サンメドウズ清里スキー場〜賽の河原〜大門沢



 夜半に降った雪で開催が危ぶまれましたが、集合時間には快晴となりました。
例年だと樹林帯のため積雪量の少ない大門沢コースはスノーシューには向いてなく、真教寺尾根
を下っていました。
しかし、今年の山岳帯は雪が多いため念願のコース設定となった。
サンメドウズ清里のセンターハウス前に集合し、全長1.2kmのパノラマリフトで1900mの頂上へ到着。
本日のコース説明と柔軟体操後、賽の河原へ登り始める。
賽の河原では八ヶ岳ブルーの中、富士山や北岳をバックに集合写真や記念撮影大会となる。
また、冬山ベテランの亀村さんからスノーシューの山岳帯での歩き方・転倒時の起き上がり方などの
ミニ講習会もありました。
賽の河原から大門沢に向け出発、夜半の雪で踏み跡が消えた急斜面の雪原を、時々黄色い声が
響く中一気に下って行きます。
途中ニホンカモシカがお出迎え、写真撮影に近づいても逃げる気配はありません。
まるで我々のイベントの為に出てきたようでした。
下りきった所が県界尾根との分岐点、赤岳や天狗尾根を見上げながら休憩後、センターハウスに向
かいました。



本日の案内は
ハイキングGリーダーの安本さん
リフトの上で
スノーシューを装着
スノーシューをつけたままで
柔軟体操
前夜の降雪で
何の跡もない新雪の上を進みます
スノーシューミニ講習会 大門沢をバリバリと
下ります
富士山をバックに
北岳、甲斐駒をバックに
雲海に浮かぶ富士 北岳 甲斐駒ヶ岳
カモシカ
何やらうるさいなぁ
県界尾根方向
赤岳方面を望む
赤岳登山道・県界尾根コースを
下ってゆきます



トップページへ | 定例観察会レポートへ戻る