甘利山〜千頭星山
(富士山と鳳凰山の展望を楽しむ)
日   時  2015年5月8日(金曜日)7:30〜15:40
天   候  晴れ
参加人数  26名
コ ー ス  オオムラサキセンター駐車場(乗合)〜甘利山駐車場
       〜甘利山〜大西峰〜千頭星山の往復コース



 6月中旬以降の甘利山は、レンゲツツジ見物で駐車場は満杯となるが、さ
すがにこの時期は貸切り状態でした。
芽吹きのカラマツ林の中を、山梨百名山の一つ(今日は山梨百名山を2座
登ります)甘利山へ向かい、約20分で1座制覇!!
装備を整え全員元気に奥甘利山〜大西峰(おおにしうら)へ向け、アップダ
ウンの登山道を登って行きます。登山道は密集していたカラマツが伐採さ
れ明るく見通しが良く、時折富士山や八ヶ岳・茅ケ岳が顔を出してくれます。
千頭星山と御所山・青木鉱泉の分岐の大西峰から少し先に行くと、開けた
笹尾根に出る。その先の急斜面を登れば、本日山梨百名山2座目の千頭
星山の頂上!!
頂上は樹木で覆われ展望がきかないので、先ほどの笹尾根に戻り昼食。
そこは鳳凰三山や富士山が良く見え地蔵岳のオベリスクがダイナミックにお
出迎えでした。昼食後、亀村さんからオベリスクの形成過程やこの付近の
地質について解説がありました。
10日前の下見では頂上直下は残雪、下山時の足元が心配でしたが晴天
続きで泥濘もなく、快適な登山となり予定より若干早く駐車に戻りました。



本日のガイド安本さんから
コース説明
いざ出発 甘利山へと進みます
甘利山山頂で
奥甘利山山頂 大西峰へ 千頭星山頂到着
千頭星山にて地蔵岳のオベリスクをバックに
可憐なお花 亀村さんの解説 熊の爪痕



トップページへ | 定例観察会レポートへ戻る