初夏の野辺山高原自然散歩
( 野鳥のさえずりを楽しむ)
日   時  2015年6月4日(木)9:00〜12:15
天   候  晴れ時々曇り
参加人数  28名
コ ー ス  集合場所〜野辺山八ヶ岳牧場〜
        八ヶ岳高原ロッジ周辺  〜集合場所



 清里セブンイレブン前の市営駐車場に集合、乗合で野辺山へ移動。
まずバードウォッチングの基本的マナーを「や・さ・し・い・き・も・ち」で確認。
この時期は繁殖期で巣の近くで活発に活動しているのが観察できるが、逆
に近づきすぎると営巣放棄などの害を与えるのでなるべく離れた場所からの
観察に徹する。営巣中のノビタキをじっくり観察、ヒバリの囀り等を聞きなが
ら鳴き声の聞きなしのお話を。
木の又のところが泡立っているのを見つけ、アワフキムシの生態の説明。
日本一幸せになれるという場所に案内された、確かに早朝ここに立ち八ヶ岳
を初め周囲の山々を一望し鳥の声を聞きながらのコーヒーは美味しそう。
托卵する鳥達(カッコウ、ホトトギス、ツツドリ、ジュウイチ)の詳しい説明。
ひとしきり探鳥を終え、八ヶ岳高原ヒュッテに向かった。おりしも某ドラマ?映
画?のロケ中でヒュッテ以外の場所はあまり自由に回れなかったがかつて
のドラマ「高原へいらっしゃい」の雰囲気を味わいました。
本日出会った鳥はノビタキ、ヒバリ、ホオアカ、オオジシギ、オオヨシキリ、モ
ズ、ノスリ等18種ほどであった。見通しの良い場所でじっくりと野鳥を観察で
き、日本一幸せになれる場所も紹介され満足な一日でした。



本日は当クラブ代表の
竹内さんです
バードウォッチの基本
や・さ・し・い・き・も・ち
この時期良く見かける
アワフキムシ、後ろに富士
ノビタキ雌 ノビタキ雄 ホオアカ
日本一幸せになれる場所 観察風景 ノスリ
日本一幸せになれる場所にて
カッコウ 大きな図を使って
托卵の説明
八ヶ岳高原ヒュッテに
向かいます
八ヶ岳高原ヒュッテにて



トップページへ | 定例観察会レポートへ戻る