霧ヶ峰花トレッキング
(ニッコウキスゲやコバイケイソウなどの高原花歩き)
日   時  2016年7月15日(金曜日)7:00〜15:40
天   候  曇り
参加人数  31名
コ ー ス  駐車場(乗合)⇔車山肩駐車場→殿城山分岐→南・北の耳
       →ゼブラ山→物見岩→蝶々深山→車山肩駐車場



 幸いに梅雨の晴れ間となったこの日、分乗して車山肩へ向かう。
見ごろのニッコウキスゲを背に、連日の雨でぬかっている道をゆっくり進み
ます。車山湿原から車山乗越を経て山彦南の耳へ向かう道沿いは色々な
花が出迎えてくれました。花を楽しみながら進むとやがて山彦谷南の耳
(1838m)本日の最高地点です。しばし周りの展望を楽しみ、続いて北の耳
(1829m)に向かう急坂を下りてゆく。北の耳では大笹峰方面の展望を楽し
み、ゼブラ山(1776m)へと向かう。ゼブラ山で八島湿原を眺めながら昼食
を頂く。昼食後、八島湿原のキャンプ場まで下り、物見岩(1792m)〜蝶々
深山(1836m)〜車山湿原のゴールデンコースを通って霧ヶ峰東側周回コー
ス完成です。
車山肩では改めて電気柵で保護された満開のニッコウキスゲを満喫し、心
配していた雨にも会わず無事帰着しました。



本日の案内は
安本ハイキングGリーダーです
雨でぬかった道を
いざ
イブキジャコウソウ
ウスユキソウ カラマツソウ 南の耳へもう少し
南の耳 南の耳からの
急な下り坂
北の耳
ゼブラ山にてバックは車山
左が北、右が南の耳
急な下りが分かります
ゼブラ山から
八島湿原を望む
ゼブラ山からの
下り路にお花畑
物見岩にて
帰路、車山湿原付近
車山のドームが間近
電柵外にもまばらですが
ニッコウキスゲがあります
柵内ですが
かつての花畑が復活してます
満開のニッコウキスゲをバックに



トップページへ | 定例観察会レポートへ戻る