スノーシューin入笠山
日   時 2017年2月15日(水曜日) 9:00〜14:30
天   候 晴れ
参加人数 14名
コ ー ス 富士見パノラマスキー場 駐車場―ゴンドラー山頂駅―
入笠山湿原―山頂―入笠山湿原―山頂駅―ゴンドラー駐車場



 快晴の富士見パノラマスキー場に参集、今回スノーシューレンタルはスキー場のレンタルを利用
最新の器材で装着が簡単のようだ。4名ずつゴンドラに乗って頂上駅へ。久しぶりの好天で雪上
歩きを楽しむ同好のグルーフも何組かあり、他のグループについてついてゆきそうになったり・・・
初心者に手ほどきをし、電波塔の脇から湿原を目指す。鹿除けの網も取り払われ見通しも良い道
マナスル山荘前から登りとなるが、皆元気に入笠山頂上に到着。
心配した風もほとんどなく、入笠ブルーの空のもと眺望を楽しみながら昼食を頂いた。
大阿原湿原方面の道をスノーシューの特性を生かし夫々縦横に下ってゆく、ほどなく林道にでる。
八ヶ岳展望のビューポイントで一息入れ、動物の足跡やスノーモービルの跡などその痕跡談義。
入笠牧場の方にもゆき、天使の雪形に触発されて、顔型をつくってみたり好天の中、目いっぱい
楽しんだスノーシューハイクとなりました。



案内の安本さん
本日のコースを説明
電波塔の脇を進む 一面真っ白な入笠湿原
マナスル山荘の脇
お花畑を登ってゆく
一息入れます 風もなく八ヶ岳を
眺めながら腰をおろして昼食
                         木曽駒方面をバックに
      八ヶ岳方面をバックに
大阿原湿原方面に
下る
天使降臨 天使の痕跡
八ヶ岳展望台で一息 何やら怪しい人 顔型がとれました



トップページへ | 定例観察会レポートへ戻る