北八ヶ岳スノーシュー
(雨池〜坪庭周回コース)
日   時 2017年3月3日(金曜日) 9:00〜14:20
天   候 雪のち曇り
参加人数 9名
コ ー ス 北八ヶ岳ロープウェイ駐車場−山頂駅−縞枯山荘−雨池
−縞枯山荘−坪庭−山頂駅−ロープウェイ−駐車場



 前日に降雪はあったが駐車場までの道は綺麗に除雪されていた。天気予報は晴れのはずが
集合時間には雪が降りだした。レンタルスノーシューの受付が9時からの為、すこし手間取っ
たが元気にロープウェイに乗車、乗客は我々のみ、貸切状態。頂上駅でスノーシューを装着して
いると登山届は?との声掛けが雨池までの山下りなので登山はしません下山ですと冗談を言い
ながら雪の降るなかをスタート。凍り付いた上に霧氷が重なった木々のあいだを縞枯山荘方面へ
縞枯山荘付近までは踏み跡があったが、それから先は20p程の真っ新な新雪であった。
雪の中だが迷う事もなく、雨池到着。踏み跡の無い池の上を対岸へ歩いてゆき僅かにのぞい
ている岩に腰かけ、昼食。我々の後から何組かが到着する中、出発。時折青空がちらっとみえる
程度の天候、帰路の登りは結構きつく何度も休みながらゆっくりと登り、縞枯山荘前に到着。
少し休み体力も戻ったところで坪庭をまわり、強風で形作られた「エビの尻尾」の造形を堪能。
ロープウェイで降りると朝の雪だらけの駐車場が嘘のように、雪がなく、天気予報は下界の事
と納得した次第。雪山気分を味わい無事下山、天ぷらうどんのエビの尻尾を美味しく頂きました。



中央が案内の安本さん
ロープウェイ貸切
凍り付いた木々の間をゆく 踏み跡の無い新雪を踏む
広々とした銀世界の雨池 私の後に道ができる 慣例の天使降臨
雨池の上です
急坂を登り縞枯山荘前に到着 時々陽の射す天気 坪庭へ
強風に「エビの尻尾」が 強風のなか坪庭周回 雪の消えた駐車場



トップページへ | 定例観察会レポートへ戻る