津金の里歩き(鏝絵と里山の自然を訪ねて)
日   時 2017年12月5日(火曜日) 9:00〜11:55
天   候 晴れ
参加人数 9名
コ ー ス 津金三代校舎 駐車場→三代校舎→諏訪神社→なかや
 →天狗神社→養泉院→駐車場       約5キロ程



 今回は5年前に歩いた道をたどってみました。三代校舎の建つこの地は村の共有地かつ中心地の諏訪神社境内だった所、学校を大切にしていたことがうかがえます。野口英世像、大正校舎、諏訪神社の大檜等を巡り、集落に向かいます。丘の中腹の赤い屋根の金比羅さん(藤岡神社)参道入り口の立派な常夜灯を横に通り過ぎると鏝絵の蔵が見え始めます。
丁度、農家体験民宿 古民家「なかや」でオーナーの大塚さんが準備をしている所に行き合い、見学をさせて頂きました。囲炉裏や馬屋と同居の様子、大きなストーブ、洋式トイレ等昔の生活と程よい快適さが混然となっています。集落の鏝絵は5年前と比べてそれ程変わってはいないようですがすぐ前に家が建って見えづらくなったり、少しづつ変わってきていました。天狗神社の花火の大筒、養泉院をめぐりゆったりとした時間を過ごしました。




本日の案内は竹内さん
後ろは大正校舎
明治校舎の裏
諏訪神社
諏訪神社の大檜
途中から折れ中は空洞
テーダマツは三葉の松 諏訪神社の鳥居 藤岡神社参道入り口
中腹に神社の赤い屋根が見える
「なかや」さん 趣のある「なかや」入り口 大きなストーブがあり
体験宿泊が出来る
下原の道祖神
相変わらず立派です
須玉町のマンホール蓋
瑞牆山、蚕、ヤマセミと多彩
消火栓、ハンドルが付けっ放し
盗まれる事もないようです
明治校舎前
鏝絵その一 鏝絵その二 離れた場所から鏝絵を
拝見
鏝絵その三 天狗神社 養泉院 観世音菩薩



トップページへ | 定例観察会レポートへ戻る