スノーシューin入笠山
日   時 2018年2月14日(水曜日) 9:00〜14:15
天   候 快晴
参加人数 16名
コ ー ス オオムラサキセンター駐車場〜穴山〜新府城址〜新府駅
 ―中央線乗車―日野春駅〜駐車場   歩行距離 約13km



 昨年に引き続き好天となった入笠スノーシュー。ゴンドラに乗って一気に頂上駅へ。スノーシューを装着し、いざ出発。一面の雪に覆われたスズラン群生地では快適な斜面をヒップスライダーという簡易ソリを楽しむ方もおりました。入笠ブルーのやや青黒い空のもと順調に入笠山頂に到着、360度の展望を楽しみながら昼食を頂きました。例年より多い雪で首切り清水方向への下りも深い雪を楽しみながら縦横に降りてゆきました。八ヶ岳を一望できる展望ポイントではベンチが雪の下にあり掘っても座れません。ワンちゃんに癒されながら八ヶ岳の展望を満喫しました。入笠湿原経由でゴンドラ駅に戻り全員元気に帰還しました。




本日の案内は
ハイキングGリーダーの安本さん
ここでスノーシューを装着 スズラン群生地も
雪の下
ヒップスライダーで
ソリ気分
入笠ブルーの頂上 中央アルプス方面
                               入笠頂上にて
八ヶ岳がくっきりと 絶景をおかずに昼食です 首切り清水方向へ
下ってゆきます
展望ポイントでは
ワンちゃんが
恒例の天使の羽 今年は雪が深くゲートを
くぐって通ります
入笠湿原看板の前でポーズ



トップページへ | 定例観察会レポートへ戻る