食べられる野草を探そう
日   時 2018年3月26日(月曜日) 9:00〜11:45
天   候 晴れ
参加人数 27名
コ ー ス オオムラサキセンター駐車場 ⇔ 塚川集落



 普段の観察会では植物採集を一切しない八ヶ岳自然クラブで、摘み草をするということは果たして受け入れられるのかどうか心配でしたが、27名と多くの方に参加頂きました。
山菜として有名なものはまず所有者がいると思って間違いないので、誰もが咎めない雑草の中から、食べられるものを探しました。後日談ですが、摘み草を持ち帰った人は、結構おいしかったと言ってくださいました。お天気に恵まれ、美しい八ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、鳳凰三山を眺めながらゆっくりと散歩と草摘みを楽しんだひと時でした。

見つけた食べられる野草
 ハルジオン、ヒメジョオン、ツクシ、カキドオシ、カラスノエンドウ、 アカツメクサ、シロツメクサ、ナンテンハギ、オニタビラコ、オニノゲシ、ヨモギ、タンポポの仲間、アザミの仲間、ヤブカンゾウ、メマツヨイグサ、タネツケバナ、ギシギシ、ナズナ、ハコベ、ツバキ

見つけた毒草
 トリカブト、クサノオウ、トウダイグサ、ホトケノザ




本日の案内は
山野草Gリーダーの佐藤さん
フリップを使って
丁寧に教えてくれました
「オニノゲシ」
メモを残して分かりやすく
ホトケノザ
毒です
フレッシュな緑のトウダイグサ
毒です
この辺りは珍しく
ニホンタンポポが多くある
おなじみのツクシ ギシギシ 目を楽しませてくれる
キジムシロ
川のほとりをのんびりと スミレの仲間も沢山ありました ヨモギも美味しい
草摘みを終え満足の一行



トップページへ | 定例観察会レポートへ戻る