新府桃の里ウォーク(恒例・ロングウォーク)
日   時 2018年4月16日(月曜日) 9:00〜15:00
天   候 晴れ
参加人数 34名
コ ー ス オオムラサキセンター駐車場〜穴山〜新府城址〜新府駅
 ―中央線乗車―日野春駅〜駐車場   歩行距離 約13km



 恒例となった桃の里ウォーク、8回目となります。例年あまり天気に恵まれませんが今回は久しぶりに晴天に恵まれ34名と沢山の方が参加してくれました。
昨年は花が遅れ気味、今年は暖かい日が続き開花も早く、桃は早くも摘果時期と、なかなか見ごろに計画するのが難しいという具合です。とはいえ春爛漫で沢山の草花をめでながらの道中となりました。オオムラサキセンターを出発、もう葉っぱとなったスモモ畑を過ぎ、今年も健在若神子新町の神明社入り口にあるモミの巨木、廃線跡の一直線の道を経て、廃校となった穴山小学校敷地にある穴山郷ふれあいホールに到着、満開の桜の下で食事です。
例年通り石水発祥の地の井戸水でのどを潤し、更に進むと桃源郷の中心地新府の共選場に到着です。桃は摘果が始まっており桃源郷とはいえませんが、一部未摘果の樹もあり楽しめました。続いて新府城址に向かいます。新府城址に向かって右手北側の登りが緩やかな乾門から登ります。城址で一休みし、ジュウニヒトエが咲く道を下り新府駅に到着、1日かけて歩いた距離を日野春までは僅か8分で到着お疲れ様でした。




本日の案内は
ハイキングGリーダーの安本さん
オオムラサキセンターの中を
ゆっくりとスタート
日野春駅の脇を通ります
桜と新緑と青空 若神子新町のモミは
今年も元気
イチリンソウ
何かのお顔の様に
なった古木
穴山郷ふれあいホールで
昼食
石水発祥の地の井戸水
穴山郷ふれあいホールの桜の前で
少し盛りを過ぎた桃 剪定された桃 まだ盛りの桃も少し
新府共選所にて茅ヶ岳をバックに
整備された新府城北側
乾門側の広場
新府城址 新府駅からJRで戻ります



トップページへ | 定例観察会レポートへ戻る