杜鵑峡と蓼科湖畔を歩く(植物自然観察会)
日   時 2018年5月24日(木曜日) 8時30分〜16時
天   候
参加人数 28名
コ ー ス スパティオ小淵沢〜蓼科湖〜杜鵑峡〜蓼科湖
      〜スパティオ小淵沢



 前夜の激しい雨が朝にはすっかり止んで、晴れ渡っていました。参加者の心掛けの賜物です。スパティオ小淵沢から6台に分乗して蓼科湖駐車場へ。初めの予定では先に杜鵑峡ということでしたが、足元が乾いてからの方が良いのではという、本日の講師、藪並妙子さんの判断で、先に蓼科湖畔を周ることにしました。
 蓼科湖は灌漑用の人造湖で、稲の為には水温20℃くらいがよいので、冷水を温めてから分流するための温水溜池です。オニグルミ、ミツバウツギ、カラコギカエデの他、植栽でドイツトウヒもありました。
 雨上がりの晴天で、山々がくっきりと見えました。山梨県側から見る八ヶ岳とはまた違った趣になっているので、ハイキンググループリーダーの安本さんから山の説明をしてもらいました。
 昼食後杜鵑峡に移動。静かで美しい流れに沿って進みます。道が細いので、植物名は紙に書いていただきました。今回はコケについても説明していただきました。短いコースですが、急登あり、吊り橋ありの面白いコースでした。




本日は森林インストラクター
自然観察指導員の藪並さん講師
植物の名前と
その特徴を付記
似たものの特徴も
合わせて教えて頂きました
皆熱心にメモを取っていました 杜鵑峡の入り口 短いながら渓谷の様相
杜鵑峡の渓谷美 ラショウモンカズラ オドリコソウ
杜鵑峡入り口にて



トップページへ | 定例観察会レポートへ戻る