観音平植物観察会(野菊と呼ばれる花たちを愛でる)
日   時 2018年9月26日(水曜日) 9:00〜11:30
天   候 曇りのち晴れ
参加人数 16名
コ ー ス スパティオ小淵沢〜延命水〜観音平〜富士見平
     〜スパティオ小淵沢



 前夜は雨で催行が危ぶまれましたが、朝には雨も止みました。4台に分乗して延命水まで。運転手4名は観音平駐車場まで車を置きに行き、歩いて戻ってきてもらいました。
「野菊と呼ばれる花たちを愛でる」という観察会でしたので、ユウガギクとノコンギクの説明をしました。キク科の花の構造についても話しました。サルナシの実を見たり、ホソバトリカブトを見たりしながら、ゆっくりと観音平駐車場に着きました。観音平は標高1560mです。観音平に着く頃には少し日も射してきて、雨に濡れていたヤクシソウなどの花が開いてきました。センブリも雨だと見つけにくい花です。ヤマラッキョウ、リンドウ、シダ植物のフユノハナワラビもありました。
観音平は初めてという人も何人かいたのと、晴れてきたのとで、帰りは富士見平に寄ってみました。残念ながら富士山は見えませんでしたが、眼下の街並みはよく見えました。
ゆっくりと秋の花を楽しめた観察会でした。




本日の案内は
山野草Gリーダーの佐藤さん
道路沿いにも沢山の花が フシグロセンノウ
ノコンギク ホソバトリカブト 観音平で解説
観音平の碑の前で
リンドウ ヤマラッキョウ センブリ



トップページへ | 定例観察会レポートへ戻る