大門ダム(清里湖)の野鳥観察
日   時 2019年1月10日(木曜日) 9:00〜11:45
天   候 晴れ
参加人数 15名
コ ー ス 南清里みちの駅駐車場(乗合)⇔清里湖駐車場⇔周辺での観察
案   内 竹内 時男さん(YSC代表)



 今回はYSC代表の竹内さんの案内です。今年は見かける野鳥が少なく集合場所の南清里道の駅でヒヨドリさえも見かけないねという調子でスタート、大門ダム(清里湖)へ移動しました。駐車場近くの案内図で探鳥の概要の説明をうけダム方面を観察、カルガモがいました。あれ、今日は浮遊ゴミの除去の為作業船が出ています。こちら側の湖面での探鳥は難しそうだという事で、奥の方を目指す事にしました。ゆっくりと植物観察をしながら進むと、日当たりがよく藪になっている場所で沢山のカヤクグリに出会えました。そのまま奥に進むと対岸にオシドリが沢山見られました。清里湖は細長いためか入り口で少ないなと思っても奥の方行くと結構見られるという、当初予想より多くの鳥に出会えた幸運な一日でした。最後に竹内さんが清里湖で毎月観察している野鳥ごよみで、今日出会った野鳥をチェックした処、22種程度の鳥に会えたことが分かりました。




案内板で観察概要を
説明する竹内さん
早速湖面を観察 カルガモです
随分波が立っていると
思ったら作業船
北岳が良く見えました ダムに映る山は笠無、
その先は見えないが瑞牆湖
大門ダムの文字の横の
図形はなに?
探鳥風景 オシドリが一杯
清里湖を背景に
コブシもまだ綿毛に
包まれています
カワウの日向ぼっこ マガモの行進
雌が先頭です



トップページへ | 定例観察会レポートへ戻る