旭山で春の花観察会
日   時 2019年4月12日(金曜日) 9:00〜11:40
天   候 曇り
参加人数 21名
コ ー ス 高根総合体育館駐車場(乗合)→旭山頂上周辺での観察(乗合) →中間地点で観察→体育館周辺で観察
案   内 佐藤 久江さん(YSC山野草グループリーダー)



 今回はYSC山野草グループリーダーの佐藤さんの案内です。前々日に今シーズン一番という積雪があり、やや足元に不安を感じながらのスタートです。観察場所が財産区で今回松くい被害もあり樹種変換の為大規模な伐採作業が行われていました。下見の際に観察会の予定をお話したところ、本日は別現場で作業して頂けることとなり無事開催の運びとなりました。伐採のため眺望は良くなりましたが、道端の草花は少し残念な状態、またお目当ての桜も遅れておりカラマツの花などを観察し、中腹地点に向かいました。ここでは主にスミレ類を観察、スタート地点の体育館周辺では多くの野草を特に食の観点から丁寧な説明を頂きました。ここまで降りると桜もほぼ満開で標高による開花状況の違いが良くわかりました。伐採や積雪など予定外の事がありましたが野草についてのお話をじっくり伺えた観察会でした。




伐採作業車を背に
説明をする佐藤さん
頂上付近の桜は2分咲き シュンラン
カラマツの幼木で雌花が見られ
低い場所でじっくり観察できました
雪がまだ残っています 高まった場所に
旭山の表示がありました
見晴らしがよくなった頂上付近、八ヶ岳をバックに
ニオイタチツボスミレ 雪原に咲くヒメオドリコソウ 体育館の桜はほぼ
満開です



トップページへ | 定例観察会レポートへ戻る