秋の自然と山岳展望を愉しむ
日   時 2019年11月5日(火曜日) 9:00〜12:10
天   候 晴れ
参加人数 15名
コ ー ス 平田家住宅→大滝神社→三峰の丘→平田家住宅
案   内 竹内時男さん (自然観察指導員)



  秋晴れの半日、小淵沢を巡りました。平田家住宅を出発、エノコログサやウドの実などを観察しながら、のんびりと散策。集落の蔵にある「二宮金次郎の鏝絵」を見学していると、近所の方が来て、解説してくれました。地元の方の話はとても参考になります。大滝神社では豊富な湧水を利用して、ワサビやニジマスを育てていました。湧水の水温は何度なのか予想しあいました。神社の森の紅葉も見ごろでした。会員のBさんはアメリカのお生まれで、「紅葉」は英語で何と言うのかを教えていただきました。「新緑」「湧水」「温泉」も。久しぶり?の英語教室となりました。中央線を越えると、三峰の丘があります。ここからは日本の標高の高い山の1〜3位が見えます。富士山、北岳、奥穂高岳です。奥穂高岳は少し遠いのですが、望遠鏡で大きく見せていただきました。帰路は八反歩堰の歩道を歩きました。堰の下には美しい里山風景が広がり、楽しい散策になりました。




地元の方からお話を 二宮金次郎の鏝絵
タネ観察中 八反歩堰をゆく 奥穂高岳を見ています
三峰の丘にて記念写真



トップページへ | 定例観察会レポートへ戻る