八ヶ岳南麓の

フクロウ生息調査と保護活動

フクロウの生息や生態に関する調査と保護を目的として 当クラブでは会員有志を募って2004年フクロウ・プロジェクトを立ち上げました。 八ヶ岳自然クラブとしては初めての規模の大きな、長期間の調査活動になります。フクロウ用の巣箱を掛け、営巣から雛の巣立ちまでを観察します。 巣箱の設置範囲は東西10km 南北5kmに及び、20個以上の巣箱を掛けての永続的な調査・保護活動です。

2004年12月上旬までにフクロウの巣箱を23個掛けました。 2005年にはその内4個の巣箱に営巣し、8羽が巣立ちました。 翌2006年には11個の巣箱に営巣し、27羽が巣立ち をしました。しかし2007年の営巣巣箱は3個で、巣立ちした雛は4羽でした。

2007年の営巣巣箱が激減した理由について入念な調査と検討を加え、巣箱の管理を十分行った結果、毎年多くの雛の巣立ちが確認されるようになりました。 しかし4〜5年過ぎた頃からテンなどの野生動物に雛がおそわれる例が増加しはじめ、巣箱の位置変更、防護材の取付などをしましたが、 ある程度の効果はあるものの絶対と言えるような対策は見つかりません。自然の中での子育てを見守る難しさを感じながら活動を続けています。

・2013年、巣立ちヒナの累計がついに100羽を越えました。
・2015年、老朽化した全ての巣箱を新しい巣箱に交換しました。

活動内容は下記をクリックしてご覧ください。
 ・活動スタート時点の様子
 ・全巣箱の更新作業
 ・巣立ちした雛の過去実績表

 
 

<フクロウの生息・生態調査の説明会>

2004年9月28日フクロウの生息・生態調査の説明会が会員有志約30名を集めて 八ヶ岳自然ふれあいセンターで開催されました。

 
写真1 写真2
八ヶ岳自然ふれあいセンターでの説明会に集まった会員達

<巣箱設置場所の調査>

会員からフクロウに関する情報を集め、巣箱設置の適地を探しました。

 
写真3 写真
現地の会員から周囲状況を聞きます。 巣箱設置の候補地を訪れ、
適地かどうかの判断をします。
写真5 写真6

晴れた日も小雨の日も多くの巣箱設置候補地の調査を続けました。


<巣箱製作>

フクロウ博士の樋口さんの助言やインターネットでの情報を基にグループリーダーたちが巣箱を独自設計しました。 2回の試作を経て作りやすく、且つ軽量化した巣箱をフクロウグループの会員達が集まって作り上げました。

 
写真7 写真8
巣箱製作に約20名の会員が集まりました。作り方の説明があったあと数グループに分かれて組み立て開始
写真9 写真10
次々と組み上がって行きます。 完成した巣箱

<巣 箱 掛 け>

巣箱を掛ける場所は大半が傾斜地であるため、足場が悪く、かなりの困難を伴いました。 又巣箱の重量も軽量化したとはいえ、8〜10kg あり、一人で取り付けるには重すぎて、二人掛りの作業になりました。

 
写真11 写真12
高所に巣箱を取り付けるため、ハシゴや脚立を準備。倒れないようしっかり押えます。
写真13 写真14
巣箱の取り付けは二人掛りの作業 無事取り付け完了しました。

<フクロウ勉強会>

巣箱の観察と平行して北杜市大泉町の総合会館で全6回にわたってフクロウの生態や生息環境などについての勉強会が開催されました。

 
写真15 写真16
フクロウグループの会員の内
12名が勉強会に参加しました。
関連する参考書が紹介されました。

<会員による観察>

設置された巣箱一個毎に担当者を決め、定期的な巣箱の観察が始まりました。

 
写真19 写真20 写真21
八ヶ岳山麓一帯で会員による観察が始まりました。 雪の日も観察を続けます。
上へ

 

・・・・・・ フクロウ保護活動が始まって11年が経過しました。 ・・・・・・

 
<更新巣箱の製作>

木製の巣箱は7〜8年経過した頃から傷みが進み、次第に使用できなくなってきました。 幸いサントリー世界愛鳥基金に申請していた助成金の交付が決まり、この助成金を使って全ての巣箱を作り替えることにしました。

巣箱は前回作った巣箱にいくつかの改良を加えて設計し直しました。 巣材の入れ替えがしやすいように、取り出しは全て底部から出すようにし、又両サイドに3本のスリットを入れて観察しやすくしてあります。 さらに傷みやすい部分に耐水合板を使うなどして耐用年数が長くなるようにしました。


巣箱は組み立てる前にあらかじめカットや穴開けをして一個ずつの巣箱キットにします。

 
写真91 写真92
  巣箱キット作りはフクロウグループ委員の手で行われました。大工さん顔負けの作業を
  ご覧下さい。

写真93 写真94
丸鋸やドリルスタンドなどの工具を駆使して正確な加工がされていきます。

巣箱キットが出来上がると、 フクロウグループメンバーが八ヶ岳
自然ふれあいセンターに集まり、フクロウ巣箱の組立に入ります。

 
写真101 写真101
 リーダーから組立の手順について説明を
 受けます。
 グループ委員の手で作られた巣箱キット。

写真103 写真104
前後左右の側板をインパクトドライバーを使ってネジ止めします。 屋根は前後左右のはみ出し部分を規定
通りになるよう慎重に位置決めします。

写真105 写真106
屋根に貼る屋根材をカットします。切りにくい材料なので力がいります。 屋根材を木ねじで留めていきます。

写真107 写真108

完成した巣箱。左は屋根が前傾斜したタイプで右は屋根が後へ傾斜したタイプです。 右側の巣箱の屋根の裏側(下側)に凸面鏡が取付けられており、観察時巣箱の下から内部を見ることが出来る。 いずれの巣箱も営巣の確率はほぼ同じです。

側板にある巾2mmの3本のスリット。
左右の側板の同じ位置にあり、 観察時横方向からスリットを見ると内部にフクロウが居れば光が遮断されるため存在が確認出来る。 10〜20m離れても双眼鏡で確認出来、観察に威力を発揮します。


<巣箱の掛け替え>

組み立てた巣箱を朽ちかけた古い巣箱と交換します。巣箱は樹齢数十年の樹木の地上4m前後の位置に取付けます。 現地に直接車は入れないので全員で脚立や巣箱・工具類を担いで入ります。グループメンバーが交代で3日間かかりました。

 
写真111 写真112 写真113
古い巣箱をはずします。はずす作業は比較的簡単です。

写真114 写真115 写真116
新しい巣箱を取付けます。重さが12kg位あり、かなり重い。年寄りにはきつい!

写真117 写真118 写真119
巣箱に巣材としてバークチップ(樹皮のチップ)を入れます。

写真120 写真121

巣箱の出入り口に発泡スチロールに黒い塗料を塗ったタッチ板を貼付けます。フクロウが巣箱に来ると出入り口に一旦留まります。 足のツメが発泡スチロールの表面塗装を破って食い込み、白いキズが付くのでキズの多さで来巣頻度が分ります。


写真122 写真123 写真123
小屋の屋根によく使われている波板。幹に巻くと動物のツメが滑り、登れなくなります。 おろし金のような鋭い突起のある有刺鉄板を波板の下側に取付けます。 左の動物撃退用具を取付けて
設置完了
上へ
 
 
< 保護活動の実績 >
設置
巣箱数
営巣巣箱数
( )内は
巣立巣箱数
巣立ち
雛 数
累 計 特 記 事 項
2005 23 3(3) 8 活動開始1年目
2006 23 11(11) 27 35 4羽巣立った巣箱1個、3羽巣立った巣箱4個
2007 23 3(3)  4 39 巣材入れ替えが不十分だった。
2008 21 8(6) 15 54 入念な巣箱清掃・巣材入替え等を実施
2009 23 10(8) 13 67 上記以外に巣箱の補修・撤去・移設を実施
2010 21 5(3)  4 71 テン、ハクビシン等の動物被害が多くなった。
2011 15 6(4) 77 ウルフピー(*1)による動物被害対策を行った。
2012 17 10(8) 15 92 有刺鉄板(*2)による動物被害対策を行った。
2013 17 8(5) 10 102 隣接する木の枝から巣箱に侵入される等 動物との知恵比べが熾烈になる。
2014 17 9(9) 14 116 有刺鉄板に加えてプラスティックの波板を木に巻き付ける方法を追加した。この組み合わせは動物撃退方法としては効果があった。
2015 17 7(3) 122 雛や卵が動物に襲われた巣箱がいくつかあり、営巣した親フクロウの巣の放棄も見られた。
2016 18 8(6) 11 133 全巣箱を更新、内8個に営巣、6個の巣箱から11羽が巣立った。
新しい巣箱もフクロウに気に入られたようだ。
 巣箱に外敵が侵入した場合親フクロウは巣箱を放棄することがあり、営巣巣箱数と巣立ち巣箱数に差が出ます。
 営巣巣箱数と巣立ち巣箱数の数字が同じの年は営巣した巣箱から全て雛が巣立ったことを表します。
 *1 オオカミの尿を商品化したもの・・・臭いで撃退(効果はイマイチだった。)
 *2 おろし金状の鋭い突起のある金属板を幹に巻き、動物の木登りを妨害する。
    (ある程度の効果が確認された)
<フクロウの雛>
写真31 写真32
巣立ちが近づき巣箱から顔を出した雛 巣立ちした雛
上へ
 


戻る