ツリフネソウ
ツリフネソウには、ツリフネソウ(赤)、キツリフネ、シロツリフネ、ハガクレツリフネがあります。
この野草は、私が山野草の世界にハマルきっかけの野草の一種で、八ヶ岳山麓ではあちらこちらに自生しているのに出会い、大変うれしく思っております。
華道の世界で、生け花の器に「釣り舟」があり、この紐で釣った舟の形「釣り花生け」のように“ゆらゆら”揺れて咲くことからこの名前になったそうです。
一方でママコノシリヌグイ、ヘクソカズラ、ハキダメギクのように気の毒な名前をつけられた野草に比べれば、なんと優雅な名前を先達が命名したのでしょう。
(撮影 大石 彰)