ニホンジカ

ニホンジカ
この写真は、数冬前に小淵沢町の県営牧場で撮影したものですが、今まで、ニホンジカがどのように鉄条網を越えるのか疑問でした。
比較的体の大きい個体は助走なしに、鉄条網を跳び越しますが、1歳児と思われる個体は鉄条網の間を潜ります。
日頃見る機会の少ないこのようなシカの行動は、1月中旬現在、降雪が少ない八ヶ岳山ろくでは見られません。今後の降雪により、高地に生息しているシカがより低地に移動してくれば、このような光景が見られると思います。
ただし、寒い寒いと言って「家の中にばかり」いては駄目です。しつっこいくらい野外に出て、目を皿のようにして注意深く観察すれば、自然の神様はあなたに微笑んでくれるでしょう。
(撮影・大作栄一郎)