サラサドウダン
サラサドウダン(ツツジ科)
八ケ岳南麓(天女山・美し森山等)の日当たりの良い雑木林や林縁などに見られる落葉性の低木。淡紅白色の花は下向きに咲きますが、果実は上向きにつきます。高さは二〜三メートル。枝は一ヶ所から三本以上伸ばすことが多く、樹姿も美しい木です。五〜六月頃、枝先に輪状に付いた葉の根元から、黄白色で朱色の条がある白い釣鐘状の1cm程の可憐な花を枝垂れるようにたくさん咲かせます。秋の紅葉も鮮やかです。和名は花冠の模様が更紗染めのように見えるため。「ドウダン」は灯台の転訛で、枝の分かれ方が「結び灯台」の脚に似ているところからきています。
(撮影:五十嵐  正博)