photo
ヤマガラ
ヤマガラは何処にでもいる人懐っこい鳥です。声をかけるとピーピーとなき、ヒマワリの実が欲しいと窓の外でホバリングします。
初夏のある時、あまりにも騒々しく、いつもの鳴き方と違うので外に出てみると草むらに大きなシマヘビがいました。多分ヤマガラの卵を狙ってきたのだと思いますが、ヤマガラ2羽が私の手元に飛んできて私とヘビとの間を行ったり来たり、ヘビがここにいる、追払ってと言わんばかりに飛び回ります。
さすがに私の姿と「やまがら夫婦」の気迫に圧倒されてヘビは逃げ出しましたが、このようなときにヤマガラが私に助けを求めに来るとは思ってもいませんでした。小鳥でも日ごろの生活からこの人は自分の味方だと考えているのではないかと思い、感動を覚えた出来事でした。
(撮影:加藤 雅史)