オオタカ
photo
猛禽類は恐ろしいというイメージが強く、あまり好きになれなかった。
しかし、春に幼鳥を見てからから考えが変わった。 二羽の幼鳥はとても仲が良く、親が持ってきた餌を奪い合うことなく分け合っていた。 しばらく様子を見ているとかなり頭の良い野鳥だと思った。
環境省の鳥類レッドデータリスト1998年版では絶滅危惧II類だったが2006年版では準絶滅危惧になっている。 少しずつではあるが生息数は増えてきているようだ。 しかし、オオタカにとって環境は厳しくなっていることは変わりはない。 オオタカ自身が変化している環境に順応しているのだと思う。
(文・写真 市川 進)