ヤナギラン
photo
 日当たりの良い盛夏の高原を鮮やかに彩る花である。
 ヤナギランに出会うとほとんどの人は感嘆の声をあげる。誰にでも愛される花である。 草丈1~1.5mの大形の植物で、花穂は30cm前後と長い。
 花は下から順に咲き上がるため、比較的長く咲いている。群落を作っていることが多く、遠くからでもすぐにそれと分かる。 名前にランと付いているが、ラン科ではなく、アカバナ科である。 美しい花をランにたとえ、細い葉を柳に見立てての命名である。
 花後の莢は細長く、5~6cm程。中には、白くて長い毛を持つ種がぎっしりと詰まっている。 ヤナギランの綿毛が風に舞う頃、短い山の夏は終わりを迎える。
 (文・写真 佐藤久江 )