photo
豊作が期待される武川米
美味しいお米の取れる条件は豊富な水と米作に適した土壌と昼と
夜の気温差のある天候といわれています。
花崗岩質の甲斐駒と鳳凰三山で磨かれた名水と白い砂と粘土質が
適度に混ざった土壌に標高500-700メートルの寒暖の差の激しい
気候と三拍子そろった武川町で取れるお米は「武川米」として高く
評価されています。
田圃の稲も重たく垂れ下がり、農家の人の話では今年は日中の暑さ
と夜中の涼しさと乾燥したお天気のおかげで旨みのある美味しい
お米に育っているとのことで豊作が期待されているようです。
この時期の田圃ではコンバインが走り回り、農道には脱穀した米を
運ぶトラックがいたるところに停まって、農家の人たちは収穫に
大忙しです。         (文・写真 重田友五郎)