森の滴り
photo
クリスマスリースにしていたツルウメモドキ(蔓梅擬)を庭の木に引っ掛けていたところ、 寒い日の朝、凍りついたところが融け出して、水滴となって落ちていた。氷がじわっと水になって、実が支えきれなくなると、 ポトリと落下。また、しばらくすると同じように。
光線の具合がよく、落下中の水滴には森の枯木が写り込んでいるし、実にたまりつつある水滴には日が差して光っている。 写り具合をすぐに確認できるデジカメ撮影ならではだ。じっくり観察することができた。
ツルウメモドキは虫や木の実のなくなる冬でも、食べ残しがあるところをみると、 野鳥にとってはさほどうまいものではないのだろうか。目立つ赤色なのに。    (文・写真 高木 宥)