photo

袋角のニホンジカ

最近は食害獣として嫌われもののニホンジカですが、林縁に群れて草を食んでいる光景は八ヶ岳山麓の自然の豊かさを感じさせてくれます。

この季節、雄ジカの頭には春に落とした古い角に代わって新しい角が生え始めています。 まだピンク色がかったプヨプヨのやわらかい角は袋角(フクロヅノ)と呼ばれ、これから夏の間に年齢に応じて 一本角から三又四尖(さんさよんせん)の角に成長し、秋の繁殖期になる前までには”角突き合わせて”戦えるような骨化した固い鹿角に変わります。

ちなみに漢方で珍重がられる鹿茸(ロクジョウ)は骨化した角の粉末ではなく、柔らかい袋角を乾燥して作られる生薬なのだそうです。
                (文・写真 田中 盛)