入笠山でホテ イアツモリソウを観る会

日   時 2022年6月13日(月曜日) 9:00〜15:00
天   候 晴れ
参加人数 18名
コ ー ス 富士見パノラマリゾートゴンドラ山麓駅=山頂駅〜
ニホンスズラン自生地〜カゴメの森(昼食)〜入笠湿原〜
ホテイアツモリソウ実験園〜イチヨウラン自生地〜山野草公園〜ゴンドラ山頂駅=山麓駅
案   内 佐 藤久江さん(山野草Gリーダー)



 会員、一般併せて18名が3台のゴンドラに分乗して山頂駅へ。斜面いっぱいにニホンスズランが広がる自生地へ向かった。木製の階段を 下りていても、スズランの香に包まれる。階段の途中から湿原が見渡せる。「あれはズミよ、きっと!」の声。湿原にはたくさんのズミが生え ている。満開のものもあればこれからのものも。蕾は赤いので、開く前も美しい。入笠山へは登らなかったが、途中まで行き、クリンソウを眺 めながら昼食。
行きとは道を変えてお目当ての山野草公園へ。ホテイアツモリソウは残念ながらここ何年来かの不作だそうで、やっと1輪開花、蕾が2輪だっ た。
しかし、今年からイチヨウランの自生地を一般開放したため、思いがけずたくさんの花を見ることができた。お天気に恵まれ、たくさんの花に 出会えた観察会でした。







本日のコースの説明 一面のズミ ニホンスズラン



エゾムラサキ ツマトリソウ ミヤマハタザオ

湿原を背景に



クリンソウ ホテイアツモリ キバナノアツモリ



クマガイソウ イチヨウラン サンリンソウ



トップページへ | 定例観察会レポー トへ戻る