甲斐の花 カイタカラコウ(甲斐宝香)
photo
 
 
カイタカラコウはキク科で黄色の頭花を付ける同じ仲間のオタカラコウ、 メタカラコウより小形で20センチほどの高さの植物。
8月初めに八ケ岳の県界尾根から登り、真教寺尾根に下った際に2個所でこの花を見つけた。 県界尾根で標高2670m、真教寺尾根では2560m付近で、どちらも森林限界を越すハイマツ帯の中にあった。
三ツ頭の2000m付近の木立の中に群生しているのを目にし、 亜高山帯の花とばかり思っていたが高山帯まで登っていた。
しかし、湿り気を好むことや葉が大きいこともあって、2800mの八ケ岳稜線までは上がれそうもない。 ちなみに、甲斐の名がつく山野草は他にカイフウロとカイノコバイモがあった。
       (文・写真 青木興家)